じゅじゅ、症状は改善されてきております

あぁ~ ねむーーーい  じゅじゅちゃんの点滴が3時間おきになくなるから追加するのに起きるのだけど、


それよりなにより、じゅじゅが息をしているかハッ!と目が覚めちゃうのね  


だからねむーーーい 


さて、ご心配おかけしておりますじゅじゅ嬢


昨日の調子は良かったけど、今日も良いのか?は1日始まるスタート時は神のみぞ知る、のこと

DSC_5235.jpg


今朝は久しぶりにお家でも「ワン!ワン!!」とじゅじゅのご飯の催促声を久しぶりに頂戴しました


以前ほどの腹の底からのワンワンまでの力強さはまだないにしても、大きな声を自宅で聞いたのは土曜ぶりだから


嬉しかったよ、かーちゃんは  いっひっひ   でも、今日は検査があるからご飯は食べられないよー


DSC_5228.jpg


今日は日本高度医療センターへ   2年ぶり3回目です  甲子園出場回数みたいな書き方だけど


散々待って今日の診察となったのだけど、「今日は何します?」的な雰囲気からスタート


・麻酔をかけない範囲の検査で、今のじゅじゅの身体の中で起こっていることを確認したいこと
・急浮上した肺が白くて水がたまっているかもしれないという事
・膵臓/肝臓の悪さの程度はいかがなもんか?? これからの治療はどうしたら良いんだべ?
を明らかにすることをゴールとしてじゅじゅを託す


やることと言ったら、点滴しながら、採血、超音波、レントゲン、といったこれまで同様の検査内容ですが、


使用機器も違うんでしょうし、見る先生も専門医の先生なんでしょうし、って事で新しい見解が得られることを期待して


4時間後、検査が終わったじゅじゅをお迎えに  


毎度言いますが、今日も結構混んでいましてね  車もローカルナンバーが多数  


私のように一回家に帰って待つことできないので、ずっと待ってるんだよね。 お疲れ様です<(_ _)>


今日わかったGood Newsは採血結果が今日も改善されつつある


低血糖でもないし、アンモニアも正常値だし、肝臓の数値もまだ高いながらも下がって来てる、


膵炎が落ち着いてきているでしょう、と。


もう1つのGood Newsは肺の水は大丈夫でしょうって。 いっひっひ

DSC_5275.jpg 


今日わかったBad Newsは2年前の診察時よりじゅじゅの肝臓は約3/4位に縮小している  


だから、肝臓も処理能力物理的に下がってる  確実に肝硬変へ向かっているって_| ̄|○

肝硬変と言ったら、年初に肝炎患った私からすると、マヂで恐ろしい病気で、


カウントダウンですよ、と言われて身が縮む思い


膵臓は先日マーカーが1000以上だった通り、膵炎なってるのも確かだと言うし。


なので、これからは肝臓を擁護しつつ膵臓に優しい食事をとることにしないといけない、と。


自分が年初の肝炎になった時にも思ったのだけど、身体が健康って、奇跡なんじゃないかと思うよね


内臓間の絶妙な相互の働きがきちんとなされて、初めて健康なんだもんね、すごいよね身体って


さらにじゅじゅの場合、その小さな身体の中ではいろんな症状が出ていて、


その中でも絶妙なバランスで健康を保ってきたのでしょう  


それの一つないし二つに異変が起こって、バランスがガラガラと崩れて、今回一気に噴き出したのかな。



そして、医者にここ数日内で一番の難しいお題を出されました T_T


今後の治療をより的確なものにするためには肝生検も視野に入れる必要があるだろう、って。

しかも安全ピンありますからねって。


肝生検するには全身麻酔は必須なので、まとめて安全ピンも取るべきだ、と


私、悪さしないなら、なんならずっと胃の中で安全ピン蓄えていても良いかな、と思って

絶対全身麻酔はさせないって、今回も緊急で宣言していたのですが、


金属が溶けて身体に回るのは良くない、と    


今後の治療の方法は二択。


麻酔かけて、肝生検/膵生検をして肝臓膵臓の状態を的確に把握した上で、


より現状に沿った治療を進める そして安全ピンも取る


もしくは


おおよそのあたりをつけて(生検せずに)、広くカバーする治療を進める。


でもこの治療を2年続けてきた結果が、


肝臓の縮小となっているのだから、これまでの治療は効果がなかったので、別の治療をまた模索。


この場合、また効果が得られない可能性あり


しかし、かーちゃん、そんなこと、すぐに決められないよ


またじゅじゅちゃんが全身麻酔して、お腹切るなんて、そんな体にダメージ残るようなこと、すぐに決められないよ


なので、今は決められません、と伝え、頭を抱えながら病院を出てきたかーちゃん


まずは目の前のじゅじゅが、数日前より元気を取り戻したことを純粋に喜ぶ 


そしてより健康を取り戻すため今後も数日点滴を受ける  食事はもう普通に何でも良いよーとはいきません


かーちゃん、もっとも苦手な栄養を考えたお食事作り を行うの


その間に検査するか、の決断を。


しかしーーー、大事なじゅじゅお嬢様を神様からお預かりしているかーちゃんとしましては、どちらも決めかねる。。。



今日はおうちでちょぴっとご飯を食べたじゅじゅちゃん

DSC_5248.jpg 

今日のお食事はキャベツにうどんを4本細かく切ったもの  それでも美味しそうに食べてた


しかも夜食用に身体にうどんを隠す、念の入れよう

DSC_5283.jpg 


明日からは大豆もお食事に投入予定  無脂肪のカッテージチーズも作る予定  


すべてはじゅじゅの健康と可愛い笑顔のために


皆様、すっかりお忘れかと思いますが(時折かーちゃんも忘れておりました)、タツ君の骨折のその後、


骨がどうなっているのか、レントゲン写しに連れて行かなきゃいけないのですが、お手々ついて歩けるまで回復しました


海君へのしつこさも数日前から再開

DSC_5229.jpg 


タツってめげないのか忘れやすいのか。 引くわぁ~^ ^





DSC_5233.jpg 


とにかくタツはこの先も痛みが慢性化しないようにもう1回、病院連れて行かねば




じゅじゅちゃんは明日も病院へ点滴しに連れていきます   かーちゃんも朝/晩の送り迎え、がむばりまぁ~す


ちなみに、本日の高度医療センターのお会計、11万円弱


検査費用と診断費用がとで8割占めてました


お値段の高さでは、高度医療センター>夜間病院>ホームドクター で4:2:1てな感じかな

アニコム適用は1日最大14000円までだから、やっぱりほとんどが持ち出しになっちゃうよね


と言うことで、長文乱文失礼しました
スポンサーサイト

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

参考にします。。

タツ母さんだからできる看護。。
高度医療センターの力を見せてほしいですね!!
タツ君の骨折を一度で見抜けない病院は不安です。。

壽壽、、名のようになが~く、
いっぱいいっぱい元気でいてほしいぃ~!
でも
ワンコ達の回復力って人間が考える以上に早いのですかね。。
喜ばしいことです☆
プロフィール

タツの母

Author:タツの母
このブログは長男のタツ、長女のじゅじゅ、末っ子の海(カイ)君の日々の備忘録です。

《タツ》
タツの年齢;10歳
タツの誕生日;2006年5月18日
タツの犬種;チワックス
タツの性別;♂

《じゅじゅ》
2014/9/14 12時8分 14歳で虹の橋に遊びに行きました
じゅじゅの誕生日;8月1日
じゅじゅの犬種;Mダックス
じゅじゅの性別;♀

《海君》
海君の年齢;5歳
海君の誕生日;2011年12月20日
海君の犬種;黒柴
海君の性別;♂

《あんずちゃん》
あんずの年齢;10歳
あんずの誕生日;4月12日
あんずの犬種;Mダックス
あんずの性別;♀

検索フォーム
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1574位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

846位
アクセスランキングを見る>>
現在里親募集中!!
トリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!! YEAH
タツのお友達
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード