さらばだ、バハマ!!

コチラを見てご協力くださった方々、どうもありがとうございます!!


まだまだまだまだ気になるので、もう少しこちらの情報をUPします


もしかして、このブログにフラッと来られた方が気に留めてくださって情報持ってる方かもしれないし、、、


こちら⇒の方が情報を求められていて、


お知り合いの方⇒が署名を集められております。



私は全く存じ上げない方の記事で、FBでシェアされてるのを見て初めて私も知りました


上記★印をクリックして読んでいただければ詳細は分かるのですが、端的に言うと、


捨てられた犬を保護し、大事に家族として一緒に生活していた犬を、


捨てた飼い主が犬の返還を要求してきた上に、慰謝料まで請求してきた、とのこと


何に対する慰謝料なのか、詳しいことはわからないのですが、


この捨てた飼い主は、この笑顔のかわいいレトリバーの子を1度ならずも2度までも捨て、


保護された方は2度目に保護した時に、意を決して家族として迎えたところ、


取得期限ギリギリになって飼い主が名乗り出てきたとの事


捨てた理由は裁判になっているため記載されてませんが、人間の一方的な都合が理由だったとの事


この子が捨てられてた時、この子はただ捨てられただけでなく、口輪までつけられて捨てられたとの事


捨てた人にはその人なりの言い分、本人的には正当だと思っている理由があるのでしょうが、


私はこの口輪をつけて捨てた、にこの子に対する愛情のかけらもない事に驚きました


捨てただけではなく、お水も食べ物も口にする事ができない   


捨てたのではなく、殺そうとした、と理解されても仕方ないと私は思います


繰り返しますが、捨てた方にも言い分があるのでしょう    


しかし私は、この新しいご家族とこのワンちゃんとの写真が、とても温かくて家族全員で大事にされているのが伝わる


そんな家族からなぜ捨てた人が所有権を主張できるのか??   それは犬が物扱いだから  命があるのに物だから


私は関係者ではないのでこの程度にしておきますが、犬を家族として迎えている者として、立場を置き換えて考えてみると


心臓が締め付けられる思いでしたので、SHAREさせていただきます


どうか1日も早くHAPPYにすべてが終わりますように・・・





今朝日本時間3時過ぎ(バハマ時間14時過ぎ)の飛行機でマイアミに飛び、


マイアミで次の飛行機までの4時間待ち、マイアミからサンフランシスコまでの6時間フライトに耐え、


今、東京に向かう飛行機をサンフランシスコで2時間待機、


そしてこれから最後の11時間フライトです。


私は今回よくわかりましたよ


バハマはアメリカ人の観光地であって、日本人が生半可な気持ちで行ってはいけないところであると


人によっては乗り換え1回で来れてる人もいるので、


羽田出発が良いなんて小さな事にこだわらずAirは乗り継ぎ重視で選びましょう


また訪れる機会はそうそうないとは思いますが、軽く覚えておきます


さて、忘れぬうちに、バハマの最後を纏めます


自由行動最終日はダウンタウンへ行ってきました


と言ってもタクシーで10分くらいのところです


ダウンタウンにはクルーズ船が多数停泊していて、そこから乗客が大量に下りてくるので、


その方たち目当てのお店が多数あります


nas_01.jpg


クルーズ船、超でかい!!   これがこの日は3隻も停泊していました


やっぱ、いつかはクルーズ旅行でしょうか?



2015_10_11_17_58_00_01.jpg

こちらはドレッドヘアーに編み込んでくれるお店 Certifiedってあるから、きっとボラれないんでしょうね


一応何店舗かブランドのお店もあり、どうもTAXがFreeでアメリカで買うより15%くらい安いらしいです


私たちの目当てはここ

2015_10_11_13_54_50_01.jpg


バハマの名産にラム酒があって、それを使って作ったラム酒ケーキを買いに


空港にも多数ポスターが

2015_10_11_17_58_14_01.jpg



ラム酒ケーキは2大勢力だそうで、ここTortugaてお店と


お酒で有名なBACARDIへ

2015_10_11_13_54_09_01.jpg

まー、ホテルでも空港でも買えるんですけどね


このケーキ、ちょっとバカにしてたんですけど、食べたらなかなか美味しいんですよ


お土産は全部これにしました  


まさかこんなところで美味しいお土産買えるとは、想ってもみませんでした


作っているところ

2015_10_11_13_54_19_01_01.jpg

景気よくラム酒ヲドボドボ、1つずつかけてました   でも、アルコールは飛んでいるらしいです


これでほとんど見るところはない、と判断し、ケーキ買ってタクシーで帰ったのですが


タクシー乗るの怖いな、と思ってたのですが、住んでる日本人の人に聞くと、


黄色のナンバープレートのタクシーに乗ればまず間違いなく問題ないらしい


また、ダウンタウンから私たちが宿泊しているアトランティスは$11と決まっているから、吹っかけられることもないらしい


バハマと言う国、南国なので適当なんだろうなーと思ってたのですが、結構仕事が細かいな、と思う事しばしば


イタリアなんかよりも丁寧に対応してくれるのが印象的でした  


じつはこの日、朝起きたらかーちゃんの目の下、耳がパンパンに腫れていると言う大事件発生


食べ物か?もしくは豚さんのばい菌マンか??  とにかく、耳が柔道選手のように腫れ、


その腫れは翌朝、つまり今日もまだ続き、帰ったらすぐに病院へ行こうと心に誓っているところです


とはいえ、食欲はあるし、痒くて仕方ないという事もないし、


ただ、ゴルゴ13のように、目の下に深いしわが刻まれて、腫れているっつーだけの話で


海外でまたこんなことなったらおっかないな、と、アレルギー検査しなくっちゃ、という感じ


あと11時間の飛行機でみんなに会えます


家に着くまでが遠足ですから   皆が安全にお家に大集合できますように


じゅじゅさん、いつもいつも申し訳ございませんが、お守りください

P6188737.jpg


なつかしーなー、じゅじゅのこの寝顔


あぁ、泣けてきた、、、


さっき、ラウンジで、日本人のおじさんに「ポットにお湯、入ってませんよ」って日本語で言ってんのに、


英語で返された 何度も何度も  おい、こらっ


さて、帰ります!!  
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

バハマ3日目終了だブー

コチラを見てご協力くださった方々、どうもありがとうございます!!


まだまだまだまだ気になるので、もう少しこちらの情報をUPします


もしかして、このブログにフラッと来られた方が気に留めてくださって情報持ってる方かもしれないし、、、


こちら⇒の方が情報を求められていて、


お知り合いの方⇒が署名を集められております。



私は全く存じ上げない方の記事で、FBでシェアされてるのを見て初めて私も知りました


上記★印をクリックして読んでいただければ詳細は分かるのですが、端的に言うと、


捨てられた犬を保護し、大事に家族として一緒に生活していた犬を、


捨てた飼い主が犬の返還を要求してきた上に、慰謝料まで請求してきた、とのこと


何に対する慰謝料なのか、詳しいことはわからないのですが、


この捨てた飼い主は、この笑顔のかわいいレトリバーの子を1度ならずも2度までも捨て、


保護された方は2度目に保護した時に、意を決して家族として迎えたところ、


取得期限ギリギリになって飼い主が名乗り出てきたとの事


捨てた理由は裁判になっているため記載されてませんが、人間の一方的な都合が理由だったとの事


この子が捨てられてた時、この子はただ捨てられただけでなく、口輪までつけられて捨てられたとの事


捨てた人にはその人なりの言い分、本人的には正当だと思っている理由があるのでしょうが、


私はこの口輪をつけて捨てた、にこの子に対する愛情のかけらもない事に驚きました


捨てただけではなく、お水も食べ物も口にする事ができない   


捨てたのではなく、殺そうとした、と理解されても仕方ないと私は思います


繰り返しますが、捨てた方にも言い分があるのでしょう    


しかし私は、この新しいご家族とこのワンちゃんとの写真が、とても温かくて家族全員で大事にされているのが伝わる


そんな家族からなぜ捨てた人が所有権を主張できるのか??   それは犬が物扱いだから  命があるのに物だから


私は関係者ではないのでこの程度にしておきますが、犬を家族として迎えている者として、立場を置き換えて考えてみると


心臓が締め付けられる思いでしたので、SHAREさせていただきます


どうか1日も早くHAPPYにすべてが終わりますように・・・




長時間フライトでたどり着いたバハマ、今日明日と寝たらもう再び長時間フライト


てか、もう朝4時過ぎてるからあと寝るのは1回  時差13時間なので、昼夜見事に逆転なんです、、、涙


今日はこの度最高に楽しみにしていたツアーの日だったんですブー


朝も真っ暗なうちから空港へ向かい、バハマ諸島の島々を飛んでいるんであろう


フラミンゴエアーという素敵なネーミングの飛行機

015.jpg

ちょーーー怖い 怖すぎる  こんな飛行機、グランドキャニオン見にいった時以来です

005.jpg


機内はこんなに狭苦しくて、パイロットの操作が丸見え  うー、普通の飛行機が好きだ―


30分ほどでブラックポイントと言う空港に到着

013.jpg


後ろの黄色いシンプルな建物が空港の建屋です  シンプルだブー♪


この島ではゴルフカートが車代わりに利用されていて、港まで送ってくださるのもカート

017.jpg


現地のお姉さんが案内してくれて


まっすぐ海に向かわないで、途中なんか荷物をピックアップしているからその辺見てろ、と言われ

021.jpg

あひゃーーー 綺麗だわぁ~


022.jpg

海が本当にきれい


お家もカラフルで南国ばんざぁ~い♪♪

025.jpg


という島の港から船に乗り、ツアーを開始 


バハマ初冬は700の島々と2,400の岩礁からなっていて、そのうち30の島だけに人が住んでいるんだそうです(Wikipediaから)


そのいくつかの島を回るツアーに申し込みました。


最初向かったのはこちら

038.jpg

イグアナ先輩がいらっしゃいます


コチラの方々、人間が近寄ると「なんかくれーーーー」と寄ってきます




水がお嫌のようです


自由なイグアナさんに別れを告げ

041.jpg


お次はメインイベントです


ある無人島に近づくと、、、

336.jpg


豚さんたちがお出迎えしてくるブー

302.jpg


みなさん、この無人島に住んでいらっしゃる野生の豚さんたち


いつの日か人から餌をもらえることを認識し、なんと泳いでボートまで着てご飯をせがみます


こいつは巨漢過ぎて泳げないみたい

287.jpg


人なれしているもんだから、どんどん近づいてくる豚さんたち    いやいや、こちらは豚さんに慣れてないブー

079.jpg


こちらも豚さんとは普段から親交はないので恐る恐る

048.jpg


こんなきれいな海に生活する豚さんたち、

250.jpg


なんで、こんな無人島に生息しているのか、はっきりとした理由は不明らしいんです


でも、すっかり人慣れしてしまっていて、こうやってご飯くれぇ~と口あけて近寄ってきます

096.jpg


この子だけ、他の子と比べても超身体がデカイのは、他の子たちを力で蹴散らしながら自分で食べ物を独り占めしているから


どこの世界でもそういうの、居るんですねぇ、、、   私は白い豚ちゃんがお好み

086.jpg

なもんで、その子にあえてご飯を上げていたのに、こいつが目ざとく見つけて近寄ってくるんだよねぇ~


白豚ちゃんの華麗な泳ぎをどうぞ




豚さんたちに別れを告げ、次に向かったのはサンドバー


海に砂浜がぽっかり浮いて出てますってとこ   ハワイにもありますね

370.jpg

海がとてつもなくきれいなので、ずっと見ていても飽きない景色です

371.jpg

ハワイより、綺麗♪♪


んで、お次は007のロケ地にもなったらしい洞窟  

378.jpg


この下をくぐって

379.jpg


こんな感じの洞窟になってて、上から差し込む光が

394.jpg


水中にも差し込んで超きれい

380.jpg


ちなみにかーちゃん泳げない人なので浮き輪を持って行ったのですが、デカすぎてそれは入れない、と言われ


シュノーケルセットのみで死ぬ思いで行って撮ってきた渾身の1枚ですので、その点もご考慮ください



他にも数か所回ったのですが、まぁ、それは良いかって程度のものでしたのでスルーして、


充実のツアーを終え、また時間通りに飛ばないおっかない飛行機に乗り帰ってきたと言う訳です


ちなみに今回、カメラを忘れましたが、これだけは用意してきたので




水中での撮影もできました!! えへん!!


落としたらおっかないから、この子も一緒に




そんな訳であと1日、面倒なお付き合い終わらせて、帰路につきます


あー、マヂで早く帰りたい、、、  


ね、じゅじゅちん♪

DSC_4107.jpg


テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

バハマに到着~1日目~

コチラを見てご協力くださった方々、どうもありがとうございます!!


まだまだまだまだ気になるので、もう少しこちらの情報をUPします


もしかして、このブログにフラッと来られた方が気に留めてくださって情報持ってる方かもしれないし、、、


こちら⇒の方が情報を求められていて、


お知り合いの方⇒が署名を集められております。



私は全く存じ上げない方の記事で、FBでシェアされてるのを見て初めて私も知りました


上記★印をクリックして読んでいただければ詳細は分かるのですが、端的に言うと、


捨てられた犬を保護し、大事に家族として一緒に生活していた犬を、


捨てた飼い主が犬の返還を要求してきた上に、慰謝料まで請求してきた、とのこと


何に対する慰謝料なのか、詳しいことはわからないのですが、


この捨てた飼い主は、この笑顔のかわいいレトリバーの子を1度ならずも2度までも捨て、


保護された方は2度目に保護した時に、意を決して家族として迎えたところ、


取得期限ギリギリになって飼い主が名乗り出てきたとの事


捨てた理由は裁判になっているため記載されてませんが、人間の一方的な都合が理由だったとの事


この子が捨てられてた時、この子はただ捨てられただけでなく、口輪までつけられて捨てられたとの事


捨てた人にはその人なりの言い分、本人的には正当だと思っている理由があるのでしょうが、


私はこの口輪をつけて捨てた、にこの子に対する愛情のかけらもない事に驚きました


捨てただけではなく、お水も食べ物も口にする事ができない   


捨てたのではなく、殺そうとした、と理解されても仕方ないと私は思います


繰り返しますが、捨てた方にも言い分があるのでしょう    


しかし私は、この新しいご家族とこのワンちゃんとの写真が、とても温かくて家族全員で大事にされているのが伝わる


そんな家族からなぜ捨てた人が所有権を主張できるのか??   それは犬が物扱いだから  命があるのに物だから


私は関係者ではないのでこの程度にしておきますが、犬を家族として迎えている者として、立場を置き換えて考えてみると


心臓が締め付けられる思いでしたので、SHAREさせていただきます


どうか1日も早くHAPPYにすべてが終わりますように・・・




羽田空港から飛行機に乗って26時間、


東京⇒サンフランシスコ⇒フィラデルフィア⇒バハマ(ナッソー)、到着しました


あー、長かった、長かった


サンフランシスコ⇒フィラデルフィアはアメリカ大陸を完全に横断する形になり、6時間弱飛行機に乗っていたのですが、


ここが一番きつかったーーーー


帰りはフィラデルフィアではなく、違うとこ経由らしい 


そんな訳で苦労の末、ようやく到着 そして初上陸のバハマ


ナッソーと言うとこに国際空港があり、そちらに到着するとお迎えの方が

2015_10_07_20_38_51.jpg


右の人、かーちゃんって訳ではないですよ  念のため




実は今回のバハマ、とーちゃんの会社の成績達成者ご褒美旅行できております


世界中からそういった数字達成した営業とその家族が来ています   なもんで旅費はタダなんです


そのためその会社名を持ったこういった方々のお迎えがあり、バスでホテルへ


ホテルは007 カジノロワイヤル の舞台にもなったアトランティスリゾートです


この建物全部です

bahama_01.jpg

とにかくデカいの一言です  4000室もあるんだって  ビックリ  奥の2つはたぶん違うホテル


アトランティスの敷地内には20箇所のプール、ウォータースライダー、リバーライドがあって、


宿泊客はそのすべてを無料で利用することができるってのもあり


日本人がバハマ=アトランティス てな具合に人気のホテルらしい 


その他にも有料ではありますが、イルカと一緒に泳いだり、アシカと戯れたり、エイに餌付けをしたり、


スキューバ・ダイビングやスヌーバなんかも楽しめるそう。


あとアウラニのように子供ちゃんを預けておけるキッズルームみたいのも充実していて


家族連れにはぴったりのホテルでもあるそうだ

2015_10_07_20_37_57_01.jpg 


お部屋に一歩入ると

2015_10_07_20_38_37_01.jpg

海がとっても綺麗です


でも、2ベッドのお部屋をお願いしていたにも関わらず、クィーンサイズの1つしかないお部屋をあてがわれ、


速攻文句言って部屋を変えてもらって無事2 BEDのお部屋に


お部屋からの眺めは変えないでね、と頼んでちゃんとオーシャンビューに

2015_10_07_20_38_41_01.jpg

お部屋からは沢山の魚たちが泳いでる様子も見えます

2015_10_07_20_38_21_01.jpg

エイの群れも


奥の方に見える建物2つ

2015_10_07_20_38_34_01.jpg

こちらはウォータースライダーで

img_0.jpg

こんな感じで落ちてきて、下にサメが泳いでいる水槽の中に突っ込んでいくウォータースライダー


サメの中と言っても、水槽の中にトンネルがちゃんとあって、その中を通るので安全そのもの


2015_10_07_20_38_11_01.jpg

こんな感じで奥に見えるチューブの中、通って出てくる感じです


でも、スピードが速すぎて、目あけてサメなんて見る余裕なんてありませんでしたよ


建物の反対側には2つならんだスライダーも

img_1.jpg


も一つの建物のもスライダーです


どっちもね、急だから身体、浮いて気持ち悪い   昔、世界の果てまでイッテQでイモトがこれ、滑ってた


こんなデカイプールがいくつもあるので、ハワイのように人が密集なんて事、たとえ4000室お部屋があろうとなさそうです

2015_10_07_20_38_17_01.jpg



他にも流れるプールがあって、大きな浮き輪に乗って流れるのですが、


ハワイのアウラニのようにちまちま流れるのではなく、かなりの急流を流れるから超楽しい♪♪


他にもこのホテルには水族館が有名で、そこでビュッフェ形式のお食事もいただけます

2015_10_07_20_37_50_01.jpg

今晩だけは自分で夕食調達しなくてはいけないので、無難にこちらで頂く事に


何を隠そう、お魚を見るのが大好きな私


こんなんや

2015_10_07_20_37_27_01.jpg

こんなん

2015_10_07_20_37_23_01.jpg

の前にお料理が置かれているので、料理取らずにお魚を見入っちゃう


お料理作ってくれる方の後ろにもお魚さんたちが

2015_10_07_20_37_15_01.jpg

ちなみにこれはね、私のを作ってくれてるんだけど、


後ろにあるお野菜を食べたい物自分で取ってこの方にお願いすると、炒めてパスタかライスと混ぜて


甘っ辛いソースと絡めてくれるのですが、これが大変美味でした


というか、ここのビュッフェ、全般的にお食事が美味しかったです


アウラニのブッフェより美味しいね、と話しておりました


が、2人で$125、お飲み物は別


なかなかの良いお値段です  他の方のブログにも書いてありますが、このホテル内は結構いいお値段します


そんな訳で、ただいま撃沈です


このブログ書いてる間も、何度も寝落ちしましたが、ようやくここまで書けました


とにかく、無事にホテルまで到着できました  


じゅじゅちゃん、ありがとーーーー!!!

20090905_01.jpg


引き続き、みんなを見守っていてね

2015_07_15_21_53_16.jpg

あぁ~ 可愛い 踏ん張っている足がまた可愛い


海だよ、じゅじゅ

2015_07_15_17_47_43.jpg


あんずはかのちゃん家でわがもの顔で過ごしているようです

2015_10_08_01_25_13_01.jpg


このベッドはもちろんかのちゃんのベッド・・・


とはいえ、きっとこれでも気を使って神経すり減らしているに違いない

2015_10_08_01_25_11_01.jpg

良いんだよ、わがまま言って

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

ようやくサンフランシスコ

まだまだまだまだ気になるので、もう少しこちらの情報をUPします


もしかして、このブログにフラッと来られた方が気に留めてくださって情報持ってる方かもしれないし、、、


こちら⇒の方が情報を求められていて、


お知り合いの方⇒が署名を集められております。



私は全く存じ上げない方の記事で、FBでシェアされてるのを見て初めて私も知りました


上記★印をクリックして読んでいただければ詳細は分かるのですが、端的に言うと、


捨てられた犬を保護し、大事に家族として一緒に生活していた犬を、


捨てた飼い主が犬の返還を要求してきた上に、慰謝料まで請求してきた、とのこと


何に対する慰謝料なのか、詳しいことはわからないのですが、


この捨てた飼い主は、この笑顔のかわいいレトリバーの子を1度ならずも2度までも捨て、


保護された方は2度目に保護した時に、意を決して家族として迎えたところ、


取得期限ギリギリになって飼い主が名乗り出てきたとの事


捨てた理由は裁判になっているため記載されてませんが、人間の一方的な都合が理由だったとの事


この子が捨てられてた時、この子はただ捨てられただけでなく、口輪までつけられて捨てられたとの事


捨てた人にはその人なりの言い分、本人的には正当だと思っている理由があるのでしょうが、


私はこの口輪をつけて捨てた、にこの子に対する愛情のかけらもない事に驚きました


捨てただけではなく、お水も食べ物も口にする事ができない   


捨てたのではなく、殺そうとした、と理解されても仕方ないと私は思います


繰り返しますが、捨てた方にも言い分があるのでしょう    


しかし私は、この新しいご家族とこのワンちゃんとの写真が、とても温かくて家族全員で大事にされているのが伝わる


そんな家族からなぜ捨てた人が所有権を主張できるのか??   それは犬が物扱いだから  命があるのに物だから


私は関係者ではないのでこの程度にしておきますが、犬を家族として迎えている者として、立場を置き換えて考えてみると


心臓が締め付けられる思いでしたので、SHAREさせていただきます


どうか1日も早くHAPPYにすべてが終わりますように・・・





こんにちは


今、サンフランシスコの空港で乗り換え待ち中です


サンフランシスコ空港はビュンビュンWi-Fi飛んでるし、各椅子に電源もあるので、インターネットするには最適です


それにしましても今回の旅行の出発はかつてないほどのドタバタで、サイテーな出発です


本当に最悪な気分の出発


まず、サイテーが始まったのは火曜日の朝


とーちゃんとの話の食い違いで、かーちゃん、出発日が水曜日の夜ではなく、その日の夜であることを認識する


出発の日はお休みを取ってのんびり用意しようと思っていたのがもろくも崩れ、


午前の仕事を片づけて急いで帰ってきてパッキングしたり、タツたちのご飯を買いに行ったり、


あんずをかーちゃんの家へ送ったりとバタバタバタバタ  その後もっと最悪の事件が起こったけれど、


これはまた今度に、、、私の心臓がもたないため


そんな中出発して今気づいたのだけど、カメラ忘れた・・・


私、写真撮りに行くのに、、、終わった、、、


家にあるのかな、、、羽田空港のラウンジとかに忘れたのかな、、、


せっかくクソ遠いところに行くのに、、、と愚痴が 口から出るけれど(自分が悪いのだけど・・・) 


せめて羽田で気づけば羽田で買えたのに、、、


まぁ、大した話ではないか


iPhone一本で今回は行きます


しかし、Wi-Fiがビュンビュン飛んでいるおかげでiPhoneでもホテルのカメラが見える

2015_10_06_19_27_34.jpg


今回はタツとじゅじゅも一緒に

2015_10_06_20_42_15.jpg


こちらはね、じゅじゅが我が家に着てすぐの時にいただいたんです


全員集合させたいんですけどね、私、こういうの100%無理なんで、全員集合できないんです(T_T)


さぁ、ようやく次の飛行機の搭乗時刻です


あと2つ、ひこーき乗ります


じゅじゅ、お願いね

2014_ 6_15_22_ 9

プロフィール

タツの母

Author:タツの母
このブログは長男のタツ、長女のじゅじゅ、末っ子の海(カイ)君の日々の備忘録です。

《タツ》
タツの年齢;10歳
タツの誕生日;2006年5月18日
タツの犬種;チワックス
タツの性別;♂

《じゅじゅ》
2014/9/14 12時8分 14歳で虹の橋に遊びに行きました
じゅじゅの誕生日;8月1日
じゅじゅの犬種;Mダックス
じゅじゅの性別;♀

《海君》
海君の年齢;5歳
海君の誕生日;2011年12月20日
海君の犬種;黒柴
海君の性別;♂

《あんずちゃん》
あんずの年齢;10歳
あんずの誕生日;4月12日
あんずの犬種;Mダックス
あんずの性別;♀

検索フォーム
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

1099位
アクセスランキングを見る>>
現在里親募集中!!
トリップアドバイザー
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました!! YEAH
タツのお友達
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード